Web Analytics

なるおばさんの旅日記

日頃のお出かけを含めた旅の日記

ボートに乗ってドキドキを楽しめる宮崎県高千穂峡の大自然が凄い!

宮崎県と言ったら何を思い出すでしょうか?(私はマンゴー(笑))

 

私にとっては九州ってとっても遠い感じの「まだ見ぬ世界」がいっぱいある地方なんです!

 

そんな中でも宮崎県の絶景スポットのひとつ「高千穂峡」に興味津々です(#^^#)

 

f:id:narutabi:20210925133918j:plain

↑ 紅葉の季節もなかなか良さそうですが、春や夏も捨てがたい…

 

高千穂峡は1934年11月10日に国の「名勝・天然記念物」に指定されました。

神話に出てきそうな景観は、私たちの気持ちを太古の「大和」へ誘ってくれるかのようです。

そんな大自然の中で遊歩道をゆっくり歩いて進むのもよいですが、もう1つボートに乗って川から眺めるという選択肢もあります。

なんと自分でボートを漕いで川を進むなんて、かなりスリリングな感じがしませんか?

 

もはや、ジャングルクルーズ」の自然体験版のようでもあります…(*´▽`*)

 

是非ともやってみたいけど、ボートをしっかり漕げる男性が一緒じゃないとちょっと不安(笑)…(主人じゃ不安(^^;))

おばちゃん2人でいったら、

 

  • 方向が定まらず、時間オーバーになりそう
  • どこがゴールなのかわからなくなりそう
  • 次の日の筋肉痛(腕)が半端なさそう

 

なんてことになりかねないじゃないです?(;´Д`)

それでも写真に納めたい名所の数々は撮らなくちゃダメじゃないですかっ!!

ボート漕いで、写真撮って、景色に見とれて大忙しの30分のボートの旅です。

やってみたい!!(笑)

見どころはいったいどの辺なんでしょう…

 

  1. 真名井の滝
  2. 鬼ハの力石
  3. 高千穂三橋
  4. 柱状節理

 

1.真名井の滝

 

これはボートからも観られますが、遊歩道からでも夏季期間中はライトアップされてとっても綺麗なんだそうです!

これはやっぱり夏に行くのが一番ですかね…でも紅葉の季節は外せない気もします。

高さ17メートルから落ちる滝を上から観るか、下から観るか…うーん悩みどころかもしれない…。

 

f:id:narutabi:20210925133951j:plain

↑ 光が射して幻想的な空間になっていますね…

 

2.鬼八の力石

 

神様の力自慢で、荒ぶる神「鬼八」が投げた石がこの力石と言われる石です。

高千穂峡の安全と繁栄をこめて長さ5.5m、重さ約35kgの特大しめ縄がかけられており、毎年年末にはしめ縄の張りかえが行われるということです。

 

f:id:narutabi:20210925133931j:plain

↑ こんな大きな岩を持ち上げて投げるなんて、鬼八さん…ヤバいです(>_<)

 

3.高千穂三橋

 

高千穂三橋は遊歩道の中でも大人気の撮影スポットです。

趣の違う3つのアーチ橋が一望できる場所があって、一か所から三本ものアーチ橋を見ることができるのは全国でもここだけだそうです。

「橋と橋の間に橋」という感じで、ちょっとカメラマンになった気分で構図に拘りたくなりますよね!

 

f:id:narutabi:20210925133958j:plain

↑ カメラマンになった気分で撮りたくなりますね~

 

4.柱状節理

 

遠い昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が、長い年月をかけて侵食されて出来た柱状の断崖が深いV字の渓谷を創り出しています。

高さは50~100メートルもあるので、高所恐怖症だったらちょっとヤバそうな高さですね!

「仙人の屏風岩」とも呼ばれる断崖は一見の価値ありだと思います。

 

f:id:narutabi:20210925133925j:plain

↑ 上から観たら足がすくんじゃうんでしょうね…

 

ここで少しボートの借り方についてですが、

 

↓予約は下記のサイトから可能です。

eipro.jp

 

親子割りがあるので、お子様がいてもお父さんとお母さんが船を漕げれば、この割引はかなりお得です。(小学生以下の2名までと一緒に乗船できます)

もちろん身分証明書は必要です。

貸しボート代が基本3,000円なのですが、その分が割引されて戻ってくるので、単純に大人と子供の料金のみでOKということです。

基本料金は、大人:1,000円

      小学生:500円

      未就学児:500円

となっています。これに貸しボート代3,000円が加算されます。

 

料金シュミレーションをしてみると、

 

  • 大人2人=1,000円×2+ボート代3,000円で5,000円
  • 大人2人と小学生2人=1,000円×2+500円×2+ボート代3,000円で6,000円

 

となりますがここが親子だったら3,000円が戻って来るようです。(実質3,000円で家族で乗れちゃいます)

是非利用したい割引ですね!

 

f:id:narutabi:20210925133938j:plain

↑ 時期によってボートの数も変わってきそうですね!

 

コロナ渦ですので、検温とマスクは条件となっています。

 

そして、高千穂峡へはどうやっていけば良いのか、そのアクセスについても触れてみたいと思います。

 

  • JR延岡駅からは高速バスで約1時間半
  • JR宮崎駅からは高速バスで約2時間40分
  • JR熊本駅からは特急バスで約3時間

 

といずれからもかなりバスに揺られることになりそうです。

レンタカーでの移動だったら、

 

福岡I.C(高速道)→嘉島JCT(九州中央道)→山都中西I.C(国道445号)→山都町国道218号)→高千穂

 

で高千穂を目指します。

それでも約3時間かかっちゃうので、私はバスでいいかもしれません!(笑)

だけど、近場には他にも立ち寄りたいスポットも多いので、レンタカーで行く方が多くの場所に立ち寄れて楽しいかもしれません。

 

  • 雲海の名所である「国見ヶ丘」
  • 神々が審議を交わしたと言われる「天安河原(あまのやすかわら)」
  • 「天岩戸神話」を伝える由緒ある天岩戸神社

 

などなど、見どころも沢山あります。

 

f:id:narutabi:20210925134643j:plain

↑ 雲海も観たいです…国見ヶ丘(#^^#)

f:id:narutabi:20210925135005j:plain

↑ 天安河原です! 参拝者によって摘まれた石が神秘的すぎる…( *´艸`)

一人旅でも周りたいところが沢山あるけど、それじゃあボートには乗れませんね…。

 

神話の世界に足を踏み入れたような、タイムスリップして眺める美しい景観が「高千穂峡」の魅力です。

やっぱりボートに乗るなら、子供が小学生のうちに是非ともご家族で行ってみてくださいね(#^^#)