なるおばさんの旅日記

日頃のお出かけを含めた旅の日記

海外旅行 ホテルの部屋に入ったらまずチェックしたい7つの項目

ホテルに入ってすぐにベッドに飛び込んで寝たい!そんな時でもこれだけはチェック!

 

  1. 鍵まわり
  2. トイレ
  3. バスルーム
  4. 室内金庫
  5. 窓と景色
  6. コンセント
  7. 室内電話

1.鍵まわりについて 

 

鍵は必ず内側から閉めて、外から開けられないか2人以上で泊まる時はチェックすることをお薦めします。

鍵横のボタンのようなものを、ひと手間ポチっとやらないと閉まらないホテルが過去に一度あり、ヒヤっとしたことがあります。

内側にチェーンがある場合は、寝る前にそちらも掛けておくとより安心です。

 

2.トイレについて

 

流れが悪いトイレもあるので、出かける前に一度確認しておいた方がよいと思います。

夜になって気づいてもトラブルに対応してくれるホテルマンが帰った、なんてこともあるので早めに気づけば対応してもらえるでしょう。

トイレットペーパーの補充についても、残を見て予備があるかどうか確認してください。

 

 f:id:narutabi:20191029224731j:image

↑ トイレの水の流れ方って気になりませんか?

 

3.バスルームについて

 

お湯が出るかどうかは非常に大事です。

すぐに入るわけでなくても、お湯を出して確認してください。

シャワーの切り替えが出来るかも、一度やってみてください。

様々な形式があるので、わからなかったらフロントに電話してホテルの人に教えてもらいましょう。

火傷や風邪ひきの原因にもなりかねないので、スムーズに出来るかどうかの確認は大事です。

バスマットの有無も確認してください。

 

f:id:narutabi:20191029224738j:image

↑ お湯を実際に出して、シャワーの切り替えをしてみましょう

 

4.室内金庫について

 

通常は4桁または6桁の番号を入れて、何かのボタンを押せば記憶してくれ、そのまま閉めるという形式が多いです。

ごくまれに内側にある小さなボタンを押してから、とか一度閉めてからとか特殊な場合もあるので、説明書や金庫内の案内がわからなかったら迷わずフロントに連絡して来てもらってください。

滞在期間中、金庫が使えないと安心して外出できません。

念のため番号を決める時は、誕生日や電話番号などは避けましょう

パスポート情報や予約の時の情報から推測できるものはやめておくのがよいと思います。

 

5.窓と景色

 

カーテンが閉まっていても、一度開いて外の景色を確認してください。

隣のビルが近すぎたりして、そちらからの侵入が怖い場合などは、窓の鍵は開けっ放しで出かけたり寝たりしないようにしましょう。

もちろんバルコニーの有無隣の部屋からの侵入が可能かどうかなども、女性一人旅の場合は注意してください。

 

f:id:narutabi:20191029224727j:image 

↑ 窓の開け方、景色なども見てみてね!

 

6.コンセントについて

 

自由に使えるコンセントが「0」というのはあまり聞いたことがありませんが、稀にあまりにも下の方で、しかも入口のドア付近なんてこともあります。

延長コードを貸し出ししていたりすることもあるので、一度コンセントの位置は確認しておいた方が安心です。

PC作業をしたい場合や、複数人で充電したい場合なども同時に使用可能かどうかは確認しましょう。

 

f:id:narutabi:20191029224743j:image 

↑ 電話やコンセントも大事なので要チェックです

 

7.室内電話について

 

最低限フロントの番号とモーニングコールがあるかどうか位は、チェックしておくと良いと思います。

緊急時に調べるのは、焦ってしまうので事前に「90」と押すのか「9」だけなのか位はわかっているといいですね。

モーニングコールは飛行機の時間がある時などは、寝坊できないので助かります。

 

これぐらいはササっと確認すれば15分ぐらいなので、出かける前にチェックしてみてくださいね。

 

3回に1度ぐらいは何かしらの用事で、フロントに連絡が必要になることがあったりします。

私の経験では部屋を変わるまでの問題に直面したことはありませんが、ローマであまりにもシャワーの出が悪く、一泊目で寒いおもいをして2日目に部屋を変えてもらったという友人がいました。

 

ホテルはホッとして眠れる場所でなくてはなりません。

問題があれば、チェックイン後すぐが一番対応が早いので、是非チェックしてから出かけてください(#^^#)