なるおばさんの旅日記

日頃のお出かけを含めた旅の日記

海外旅行は最低限の英語フレーズで乗り切ってみよう!vol2.

海外旅行で使う英語は、まったく構える必要はないのです!

 

日本に来ている外国人が単語だけのたどたどしい日本語で、何かを聞いてきたら引きますか?

そんなことはないですよね。

お!頑張ってるなと思いませんか?

海外に行けば、相手から見たらこちらが外国人です。

堂々と笑顔で簡単英語で乗り切っちゃいましょう(^_-)-☆

 

今日は最も簡単な疑問符です


 1.What is~

 2.Where is~

3.Could you~

4.How much~

5.May I ~

 

f:id:narutabi:20190712113848j:plain

↑ tikoさんによるイラストACからのイラスト  

 

1.What is~について

 

これは何?といったときに簡単に使って、余分なことは何も考えずとも伝わる疑問文です。

 例)What is this?

      これは何ですか?

  例)   What is that?

     あれは何ですか?

単純に「これ」や「あれ」を何か聞きたい時に使えます。

手元や身近にあるものは this を使い、遠くにあるものは that を使えばOKです。

相手が話していることがわからないときに、What ?と言えば何?と聞き返していることになります。

相手が早口だった時などに使ってみてください。

 

2.Where is~について

 

これはどこ?と聞きたいときに簡単に使えます。

 例)Where is the temple?

        寺院はどこですか?

 例)Where is the bus stop?

        バスの停留所はどこですか?

フロントで行きたい場所を聞きたい時に便利です。

大抵は地図などを使って親切に教えてくれるはずです。

トイレの場所を聞くときにも便利です。

 

.Could you~?について

 

これは少し丁寧に何かして欲しい時に使います。

 例)Could you keep my baggage?

       荷物を預かっていただけますか?

   例)  Could you tell me the story?

      その話を聞かせていただきますか?

初対面の人などに何かをお願いしたい時には、このフレーズを使うと丁寧になります。

便利なので使ってみてください。

 

4.How much~?について

 

これはズバリ値段を聞くときに使います。

目の前に商品があったら指差して聞くだけでOKだったりします。

  例)How much is this?

        これはいくらですか?

     例)  How much is this bag?

        このバッグはいくらですか?

How much? と指をさしながら聞くだけで、値段を答えてくれるので便利です。

欲しいものの名詞が英語で出てこなくても、指差しだけで大丈夫です。

 

5.May I ~について

 

これは自分が~していいか?、~してはだめか?と聞くときに使います。

  例)May I use this pen?

        このペンを使っていいですか?

      例)May I keep this key?

         この鍵を持っていてもいいですか?

May I? とパンフレットを手にとって聞くだけで、そのパンフレットを貰っていいか ?と聞いているんだなと分かってもらえますよ。

文章や動詞か出てこなくてもこのフレーズを知っていれば、地図やサービス券などをもらう時に簡単に使えます。

 

f:id:narutabi:20190712102251j:plain

 

英会話って構えてしまったらムリーってなるけど、昨日と今日とでご紹介した10個のフレーズだけ覚えて行って、 適材適所に使えれば旅行が10倍楽しくなると思います。

こちらの言わんとしていることが、伝わった時は嬉しいですよね。

 

私は若かりし頃、8ヶ月ほど友人とニューヨークに住んでいました。

英会話の学校にいる以外は、この10個のフレーズしか使っていなかったような気がします。(笑)

暮らしていてもその程度なんです。

語学は習うより慣れろ!です。

英語は使ったもん勝ちな気がします!(#^^#)