なるおばさんの旅日記

日頃のお出かけを含めた旅の日記

海外旅行 格安おばさん二人旅・アムステルダム編・Vol1

アムステルダム中央駅に着いたのは夕方5時頃でした。

 

ホテルまでタクシーで移動しました。7・3€でした。

一方通行が多くホテルの前までは入れなかったので半ブロックは歩いた感じです。

今回アムステルダムで泊まったホテルは、「The BANK HOTELというこじんまりとしたホテルでした。

バスタブもないのに、ベルギーのホテルの3倍の値段だったので、アムスはホテルが高いんだなーと実感です。

 

f:id:narutabi:20191001221924j:image

f:id:narutabi:20191001222132j:image

↑ よく見てないと見逃してしまうようなホテルの入口

 

チェックインには相当時間がかかりました。

説明がとても丁寧なので、前の人の説明が終わって、更に自分たちのチェックインも時間がかかったという訳です。

 

荷物を置いてすぐに街に出てみました。

街並みはベルギーより道幅も狭く、なんといっても自転車の多さにビックリです!( ゚Д゚)

 

f:id:narutabi:20191001222147j:image

↑ 間口が狭い家々やSHOP

f:id:narutabi:20191001222128j:image

f:id:narutabi:20191001222150j:image

↑ すごい自転車の数!(^^)!

 

人口よりも自転車が多いとは聞いていましたが、かなり驚かされました。

28年前のイメージとは大幅に違っていたので、初のアムスという感じでした。

 

一番近い道から運河へ出ると、本当にアムステルダムに来たのだなぁとしばし呆然。

水と夕日がとても綺麗で、写真を撮るのも忘れて見とれてしまいました。

さすが「北欧のベニチア」と言われる所以となっている運河の街です。

 

f:id:narutabi:20191001222137j:image

f:id:narutabi:20191001221843j:image

↑ この運河こそが、アムステルダムです!

 

ゆっくり歩いて「ダム広場」へ出ました。

マグナプラザというショッピングセンターが、歴史建造物といった趣でした。

ダム広場を囲む建物は、「新教会」「マダムタッソー蝋人形館」「アムステルダム博物館」「旧教会」「旧証券取引所」などなど。

マダムタッソーはとても目立つので、目印になりますね。

 

f:id:narutabi:20191001221846j:image

↑ ダム広場に向かうところに大きなショッピングセンター

f:id:narutabi:20191001221930j:image

f:id:narutabi:20191001221913j:image

 f:id:narutabi:20191001222123j:image

f:id:narutabi:20191001221906j:image

↑ ダム広場のマダムタッソーは目印になります

 

トラムもブルーと白でとても綺麗!

かなりの本数が行き来しているので「これを乗りこなすしかないね!」と早速挑戦です。

  •  1時間券:3.2€
  •  24時間券:8€
  •  48時間券:13.5€

今日は時間もないので、1時間券を購入しました。

 

f:id:narutabi:20191001221840j:image

↑ トラムを乗りこなせれば、アムスはもっと楽しいはず

 

f:id:narutabi:20191001222141j:image

↑ 乗り換えのために降りた途中駅

f:id:narutabi:20191001221917j:image

 ↑ トラムの各駅にはこんなマップがあります

 

券売機はカードしか受け付けていません。

トラムの真ん中より少し後方に車掌さんが座っているカウンター席があるので、そこで現金で支払うことは出来ました。

ただし、ここで48時間券を買うことはできませんのでご注意ください。

明日と明後日は何度かトラム利用をするつもりなので、48時間券を買ってみようと思います。

 

f:id:narutabi:20191001221903j:image

f:id:narutabi:20191001221910j:image

↑ ピンクの丸い部分にチケットを当てると「ピッ」と音がします

 

ホテルの場所が「アンネの家」より上の方で、少し駅寄りである程度しか分からなかったのに、無謀にも西へ行く13番に乗って「MARNIXSTRAAT」駅で縦の線3番に乗り換えて「NIEUWE WILLEMSSTR」で降りてみるということをしてやってみました。

初めてのトラムは大冒険です。

乗り換えも車掌さんに教えてもらって、なんとか乗り換え駅で降りれたという感じです。

 

ホテルまでは3ブロック以上歩いたので、駅に行く方が断然近かったと翌日知ることになりました。

それでもなんとなくトラムの次の駅表示やブザーについてや、乗り降りの際のチケットタッチのやり方がわかったので良かったと思います。

これで明日からはきっと大丈夫!!

 

アントワープでも結構歩いたので、今日の歩数は20,000歩は超えました。

夜はホテル近くのタイ料理屋さんで、サラダとタイ風焼きそばをハイネケンビールと一緒にいただきました。

「THAI RESTAURANT Thai & Go」というお店でした。

 

f:id:narutabi:20191001221849j:image

f:id:narutabi:20191001221859j:image

ホテルから徒歩3分位のお店です。

焼きそばは少し甘めでしたが、サラダは食べやすく美味しかったです。

ハイネケンビールは軽い感じで、飲みやすいですね。

 

ホテル近くの映画館がとても昔風で素敵でした。

間口が狭い映画館って、中はどうなっているのでしょうか。

 

f:id:narutabi:20191001221927j:image

↑ どんな映画を上映しているのかは、少し足を踏み入れないとわからない造りでした。

 

近くには「COFFEE SHOP」がありました。

大麻のお店だと知っていたのでもちろん入ったりはしませんが、臭いだけでそういう店だとわかるようになってしまいました。(>_<)

「CAFE」ならOKで「COFFEE SHOP」はNGというのは、不思議な使い分けです。

 

f:id:narutabi:20191001225311j:image

↑ ホテルの近くのCOFFEE SHOPです。

 

確かに外から見ても雰囲気が普通のお店とは違いますが、旅行者のためにも、もっとそれらしくわかるようにしないといけないのでは? と思ったりしました。

 

夜遅くにホテル近くをブラブラしていましたが、特に危険は感じませんでした。

それでもアムステルダムは十分にミステリアスな街といった雰囲気があります。

夜はさすがに少し自転車の通行は減ってきたかなと思いました。

自転車マークもついているけど、そこを渡るだけで危険なので慣れるまではとても怖かったです。

気を付けないとすぐ引かれそうになります。( ;∀;)

前に子供を乗せる大きめのBOXが付いている自転車も多いので、事故を考えるとかなり恐ろしい(>_<)

 

「自転車やトラムにも、慣れたころには帰るんだよ!私たち・・」

やっぱりちょっと寂しくなってきました。

 

f:id:narutabi:20191001221854j:image

↑ ホテルからの眺めです

街歩きが出来るのもあと2日です。

明日は「アンネの家」に行く前に運河クルーズなので、早起きするために少し早めの就寝です。