なるおばさんの旅日記

日頃のお出かけを含めた旅の日記

NARITA 花火大会 in 印旛沼に行ってきました。延期からの開催でした

10月13日に開催される予定だった印旛沼の花火大会が、台風19号の影響で11月9日に開催されました。


花火大会でグッドデザイン賞を受賞したのは、この花火大会が初で、2010年のことでした。

約1時間、12,000発で尺玉の連発やタワー花火などが一斉に打ち上げられる様は、なんどもファンタジックです。

短い時間のせいもあるのか、「これでもか!」という感じで繰り出される迫力ある花火でとても素晴らしかったです。

 

NARITA 花火大会 in 印旛沼について

 

主催はNARITA花火大会実行委員会

場所はニュータウンスポーツ広場です。

時間:18:00~19:00 (10月の予定では18:30~スタートでした)

   入場開始は16時です。

チケット購入:「チケットぴあ」「イープラス」「CNプレイガイド」で購入できます。加えて、セブンイレブンファミリーマートでも入手可です。

有料席のチケットは8月上旬から先着順の販売ですので、8月末には完売してしまうことも予想されます。

良席は早めに手配した方がいいと思われます。

席種は、

     SS席 25,000円

     エキサイティングシート(ベンチシート) 12,000円

     S席 8,000円(区画定員4名)

     A席(指定) 12,000円(区画定員4名)

     A席(イス) 3,500円

     Aカメラマン席 4,000円

     B席 8,000円(区画定員4名)

アクセス:JR・京成成田駅から臨時バスが出ます

     京成成田湯川駅から臨時バスが出ます

     通常のバス(210円)・臨時バス(250円・ノンストップ)です

     通常バス利用の際は、常盤中学校下車(1つ前の停留所が常盤小学校なので間違えやすいので注意です)

 

f:id:narutabi:20191110131021j:image 

↑ 比較的空いている「成田湯川駅

 

駐車場:近隣は交通規制が敷かれているので車で行かれる場合は駅周辺の一般駐車場を利用します。

交通規制にかからない大通り沿いに大き目のイオン(AEON)があります。

早い時間に行って、そこの駐車場に停めれることが出来ればバスに乗らずとも徒歩圏内で現地までいけます。

 

f:id:narutabi:20191110131045j:image

↑ 会場の手前には数百メートルに渡り、屋台が並んでます

 

f:id:narutabi:20191110131043j:image 

f:id:narutabi:20191110131027j:image

↑ かなり近いです!降ってきそうなくらい近い・・・

私と友人は車で京成成田湯川駅の近くまで行って、近隣の駐車場に停めて臨時バスで行きました。

時間的にギリギリの到着だったので、この方法が一番正解だったと思います。

イオンは駐車場に入る列が出来ていたので、それを待つより早かったのではないかなと思います。

駐車料金は300円~500円ととてもお安いので、この方法はお薦めです。

バス停から観覧席までは徒歩15分位は歩きます。

 

入口に到着して、チケットを見せると、色別のリストバンドをつけてくれます。

そちらを手首に巻いていれば、出入りもできるし、案内の方が「黄色の方はあちらです」と言ったように案内してくれます。

私たちはA会場イス席でした。

一番奥の方からの入場でした。

 

自由席なので、ギリギリの時間での入場で不安もありましたが、余裕で空いてる席に座れたのでよかったと思います。

「台風での延期で来られない方も多かったのでは?」と予想できますね。

 

f:id:narutabi:20191110131024j:image

↑ 尺玉は定番ですが、花火だな~と感じられる


プログラム通りに演目が進みます

花火は第1章~第9章までとなっており、大会プログラムは事前にアプリからダウンロードすることも出来ます。

当日プログラムの配布もされていました。

第5章では、「花火 de BINGO」というのをやっており、♡、☆、カエルなど、打ちあがる花火でビンゴカードを開けて行く方式の観客参加型の花火もあって、とても楽しい!

 

f:id:narutabi:20191110193950j:image

↑ 他では見ない新しい試みで楽しい(^^)/

f:id:narutabi:20191110131012j:image

f:id:narutabi:20191110131033j:image

↑ 色が本当にファンタジック!

 

最後はトリプルビンゴで終わったのが超残念でした(>_<)

ビンゴした方は、最後に受付で素敵な景品がもらえるようでした。

景品は何なんだろう…!

第8章からはクライマックスです。

第8章は「花火は芸術である」という題目のとおり、名物の10号尺玉を中心に素晴らしい花火が観られます。

 

f:id:narutabi:20191110131007j:image

↑ 近すぎて全体が撮り切れません( ;∀;)

 

そしていよいよ待望の第9章「NARITA 黄金伝説」で締められます。

スマホにアプリを入れていれば、観客のスマホと会場のMCとが一体感をもって花火を体感出来るようになっています。

私たちはスタートぎりぎりに到着したため、スマホの準備が出来ておらず、そちらは体感できませんでしたが、素晴らしい黄金伝説を堪能しました。(#^^#)

会場ごと花火に包まれているような迫力と臨場感でした。

 

f:id:narutabi:20191110131018j:image

↑ 花火に包まれている感覚になる「NARITA 黄金伝説」!

 

花火の展開幅はなんと700mという広さ、頭上に大きな光が自分たちを包んでくれるような感覚は是非現地で味わっていただきたい!

7時5分には全てが終わって、出口に向かいます。

バス通りまでは、しばらく歩きます。行きは15分、帰りは混雑もあり20分以上は歩いたと思います。

千葉県の花火で人気No1のランキングがとても理解できる、内容の素晴らしい花火大会でした。

夏の花火もいいけど、この季節の花火もとても素晴らしいです。

空気が澄んでいるからか、花火の輪郭がとても綺麗に観れます。

 

本当は帰り道で成田空港に寄って、食事をしたかったのですが、レストランなどは21:00前後で閉まってしまうため、近場のお店を探して「韓国料理」を食べて帰りました。

そちらはまた、記事にしようと思います。

今回は「行ってよかった!!」と思える、素晴らしい花火大会でした。

機会があれば、是非行ってみてくださいね。めちゃくちゃ最高ですよ!(^_-)-☆

 

↓ 夏に行った新潟長岡の花火大会の記事はこちら

www.narutabi.com

www.narutabi.com

www.narutabi.com